2010年05月20日

桟橋方式の撤回求める=市民団体(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、環境保護団体の代表が14日午前、首相官邸に滝野欣弥官房副長官を訪ね、政府が検討しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)にくい打ち桟橋方式で滑走路を建設する案に反対の意向を伝えた。
 官邸を訪問したのは、沖縄大の桜井国俊教授らで、社民党の服部良一衆院議員も同席。桜井氏らは、くい打ち桟橋方式について「埋め立て方式と比べ環境への影響が小さいとは考えられない」と撤回を要求した。滝野氏は「鳩山由紀夫首相に伝える」と応じた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<民主党>参院の議員定数40程度削減方針 公約盛り込みへ(毎日新聞)
清水の舞台で“融合”「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(産経新聞)
企業「消滅」、2万7000件=休廃業など、倒産の2倍超−09年度(時事通信)
日中韓首脳会談5月29・30日、正式決定(読売新聞)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
posted by シミズ サダオ at 12:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は7日の閣僚懇談会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、「多くの沖縄県民が県内移設に反対している。県民の思いを切り捨てる政治はやってはならない」と発言した。政府が検討中の名護市辺野古の浅瀬への杭打ち方式による代替施設建設ではなく、県外・国外移設を目指すよう改めて求めたものだ。

 これに対し、平野博文官房長官は「5月末の決着に向けて今、最終調整をしているところだ。閣内が一致協力してこの問題に対応したい」と協力を要請した。

【関連記事】
首相沖縄訪問 もはや現行計画しかない
重い代償 遅きに失した「現実」直視 鳩山首相「普天間移転先は県内」
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う
鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<新型インフル>国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
普天間問題で福島氏「5月末までに、めどや方向性を出すだけでよい」 決着こだわらず(産経新聞)
平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
posted by シミズ サダオ at 04:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。