2010年03月16日

首相「普天間、進退かけるつもり全くない」(読売新聞)

 鳩山首相は9日夕、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し「覚悟を持って臨む」と発言したことについて「進退をかけるとか、野党の挑発に乗るつもりは全くない」と述べ、5月末までの決着ができなければ退陣するとの見方を否定した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は発言の真意について「政治家は物事を判断する時には一つ一つ覚悟を持って臨むべきだ。国民の暮らし、命がかかわる話であればあるほど。首相として意思決定には覚悟を持って臨むべきだ(という意味)」と説明した。

川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
松田参院議員、自民会派を退会(時事通信)
民主が議員政策研、「政調復活」沈静化狙う(読売新聞)
新卒者支援策を周知へ=無料職業訓練など−政府(時事通信)
朝鮮学校除外でスタート=鳩山首相が示唆−高校無償化(時事通信)
posted by シミズ サダオ at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。